漂書 ピャオシュー

漂書 ピャオシュー piaoshu

上海で暮らしていた頃、上海人の友達から本を譲り受けた時に知りました。

漂書(ピャオシュー piāoshū)って言うのよ。自分が読んだ本にサインして(中国も印鑑を使う習慣があるので捺印のことも)、次の誰かに渡すのよ。

それを聞いて、本を受け取った時の胸躍るような、温かさ包まれた驚きを今でもはっきりと覚えています。

本に託したい思いを乗せて誰かに渡す。受け取った人はそれぞれの解釈をする。そんな、どこか切ないけど、押し付けがましくない気持ちのつながりは漂書の魅力。

私もまた誰かに託そう。

漂書 ピャオシュー piaoshu
方桢が渡してくれた本
Share on FacebookTweet about this on TwitterShare on TumblrPin on PinterestShare on Google+Email this to someone

フィンランドの森から

ヨウルキンク カハビラアムリ Joulukinkku Kahvilaamuri

フィンランドの森から」と題して、森に親しみ、地球に優しく、おおらかな暮らしを『楽しむ方法、考え方』を提案するいろいろな企画、イベントが散りばめられた2016年10月31日(月) 〜 11月13日(日)の2週間。

11/5(土) は、フィンランド料理教室「カハビラアムリ Kahvila Amuri」のポップアップクッキングクラス。テーマは間もなくやってくるクリスマス料理。

ドイツ料理に近いのかな?なんておぼろげな想像をしながら参加してみると…

最も新鮮だったのは、メインの肉料理を引き立てるにんじんのキャセロール。
これだけを見ると、にんじんリゾットを焼いただけで、取り立てるほどのことがないように感じます。ところがところが…

ポルカナラーティッコ カハビラアムリ Porkkanalaatikko Kahvilaamuri
にんじんキェセロール「ポルカナラーティッコ Porkkanalaatikko」

ヨウルキンク カハビラアムリ Joulukinkku Kahvilaamuri
クリスマスハム「ヨウルキンク」
あっさりしたにんじんリゾットをグラタン風に焼きます。チーズを使わず、牛乳と卵、お米だけで、程よい濃度に仕上がります。ハーブやスパイスも使わず、敢えて、にんじんの香りだけでまとめます。それはどうして?

メインの少し塩気強目のクリスマスハム「ヨウルキンク Joulukinkku」に添えて、付け合せソースのようにして食べると、バッチリのコンビネーションなのです。

ヨウルキンクは身近な日本的表現をすれば、チャーシューのフィンランド版。とは言っても、ハーブ、スパイスと一緒に塩漬けにしてから、フィンランド人にとってなくてはならないマスタード「シナッピ Sinappi」で仕上げるので、味付けの点ではチャーシューとは全く違います。この日のハーブはクローブ。

ソースでもない、完全に独立した一品というわけではない、この、にんじんキャセロール「ポルカナラーティッコ Porkkanalaatikko」。発見!
カブなど、他の野菜で作ってもいいそうです。私は今度、かぼちゃでやってみようかな。

素材をそのまま楽しむ、シンプルな料理。
手間暇が悪いこととは言わない。
楽だからって、買ってきてポイッなんて侘しい。

楽しい時間をゆったりすごすヒントを、心のこもったシンプルな料理の中にまた一つ見つけた。

↓そのほかのメニュー。

ここまで「ヨウル Joulu」が続いたらわかりますよね。Joulu = Christmas.

Joulukinkku Kahvilaamuri ヨウルキンク カハビラアムリ
クリスマスハム「ヨウルキンク」をスライスする講師の松本亮子さん
杏 Joulutorttu Kahvilaamuri ヨウルトルットゥ カハビラアムリ
オレンジ色のジャムは講師の亮子さんのお母様手作りの杏ジャム。誰に当たるかな?
ヨウルトルットゥ カハビラアムリ Joulutorttu Kahvilaamuri
クリスマスパイ「ヨウルトルットゥ」焼きあがりました!
ピパルカック カハビラアムリ Piparkakku Kahvilaamuri
ジンジャーブレッド「ピパルカック」をカリッと仕上げるにポイントは、この薄さ。
ピパルカック カハビラアムリ Piparkakku Kahvilaamuri
ジンジャーブレッド「ピパルカック」がたくさん並びます。コーヒーと共に。
カハビラアムリ Kahvilaamuri
レッスンの後は楽しい美味しい食事会
カハビラアムリ Kahvilaamuri
サーモンとチーズのカナッペ、ニシンの酢漬けを追加して、クリスマスメニューの完成です。
杏 ヨウルトルットゥ カハビラアムリ Joulutorttu Kahvilaamuri
杏 ヨウルトルットゥ Joulutorttu が当たりました!
Share on FacebookTweet about this on TwitterShare on TumblrPin on PinterestShare on Google+Email this to someone

lunch on Sun. 17 Jul. 2016 @ 津軽あかつきの会

津軽あかつきの会 LifeStying by edochiana

中央弘前駅からなら大鰐線で30分程度、奥羽本線を使えば、弘前駅から10分くらいで着くその駅は「石川」。
車窓の景色の変化が、この後のお膳を物語り始めていたことに気づいたのは、食事中。

こんな贅沢、どこにある?

この宝物をなくさないために、今の私にできること。津軽あかつきの会へごちそうになりに来ること。

It just takes half an hour from Chūō-Hirosaki to Ishikawa by Ōmani line or 10 minutes from Hirosaki to Ishikawa by Ōu-honsen.
The scenery through the window starts telling something very connected to the lunch offered very soon.
The train arrives at a small wooden station.

How rich their daily food!
Now all I can do is coming Ishikawa to enjoy the various, flavorful, local, seasonal blessings cooked by ladies of Tsugaru Akatsuiki-no-Kai(association Dawn in Tsugaru).

ニシンの飯寿司 津軽あかつきの会 LifeStying by edochiana
ニシンの飯寿司, ミズの根(コブ)のたたき, 茄子の赤シソ巻き
大根のしょうゆ漬け, きゅうりの麹漬け 津軽あかつきの会 LifeStying by edochiana
大根のしょうゆ漬け, きゅうりの麹漬け

Share on FacebookTweet about this on TwitterShare on TumblrPin on PinterestShare on Google+Email this to someone

ビオセボン・ジャポン Bio c’ Bon au Japon!

Bio c' Bon Porta Nuova

やっと来る。
ビオセボンが来る。

イオンが新会社を作って始める新事業。

どこにできるかな?

千葉が本社。

きっと東京の東側にお店ができるのは遅いだろうなぁ…

だからこそ、そういう地域からアタックしてほしい。

そういう地域からアタックできるのは、企業力のがある証拠のはずじゃない?

ビオセボン・ジャポン

語呂がいいね。

イオンのプレスリリース

Share on FacebookTweet about this on TwitterShare on TumblrPin on PinterestShare on Google+Email this to someone

天然酵母パン教室のあと @ home

focaccia all'origano

パン教室の終わりに…

家に帰って、焼いてくださいよ。

focaccia all'origano
focaccia all’origano
オレガノのフォカッチャ
上手に丸める自信がない。
連れはきっとあまりアレンジはしないで焼くだろう。
あっ、フォカッチャなら伸ばせばいいし、目先も変わっていいかもな。
イタリアでも天然酵母、全粒粉を使ったフォカッチャが増えてるし、最近食べてないしな。

イタリアで売ってるやつより旨い!

その結果は、食べ過ぎである。

さて、連れは大好きなあんこで焼く。Boule Anko.

中身が出ちゃったものもあるけど、そこもまた目においしい。

boule あんこ
boule あんこ 包む。
boule あんこ
焼く前のブール あんこ
boule あんこ
boule あんこ
boule あんこ
boule Anko
boule あんこ
boule あんこ
boule あんこ
ブール あんこ

Share on FacebookTweet about this on TwitterShare on TumblrPin on PinterestShare on Google+Email this to someone

自家製天然酵母「木のひげ」のパン教室

ミニ角パン 木のひげ

マスカットレーズン酵母 木のひげ
マスカットレーズン酵母
毎日のように食べる木のひげのパン。
その作り手がパン教室を開くと言う。

食べる側でいることに満足はしていたけれど、「こんなパン、どうやって作るんだろう?」という率直な興味はもちろん、そして、

こんなパンを作る人は、どんな人だろう?

どういう様子で作るんだろう?

と、作り手への興味の方が先にあった。

子供の頃、パンやお菓子をよく作っていた母を手伝っていたから、パン作りのおよその手順は覚えている。
ところが…

マスカットレーズン酵母 木のひげ
マスカットレーズン酵母

レーズン酵母でパンを作るなら、発酵を進めるための餌(砂糖)はいらない。

パンは久しく作っていないけど、様子の見方、材料のことなど、市販のイースト菌を使って作るパンと随分違う。

昔はフランスの田舎の家庭はどこでもこんなふうにパンを作って食べていたんですよ。

レーズン酵母を作るところからパンが焼けるまでを見ていたら、ぬか床を世話して、ぬか漬けを作り、ご飯を炊くまでのプロセスが並行して見えた。

暮らしの中に自然にあったパン作り。ごはん作り。

何から何まで時間を遡ったり、遠い国のやり方を無理して持ち込む必要はないけれど、今の暮らしに、自分の工夫で、先人の手順、遠くの生活習慣を取り入れると、便利でおいしい毎日を送ることが、思いの外、すんなりできる。

中学生の頃に自分で炊いていた玄米とお赤飯。
40も半ばを過ぎて、「炊くの、結構簡単だったんだよな。」なんて思い出す。

そうよ、いつの間にか、玄米やお赤飯も億劫なく炊いてるし、ヨーグルトまで作ってる。
次は、パン? 🙂

そして、帰宅後

レーズン蒸しパン
レーズン蒸しパン

木のひげのブール boule
ブール、焼けたかな?
各パンの焼けた音 木のひげ
焼けた音がするかな?

Share on FacebookTweet about this on TwitterShare on TumblrPin on PinterestShare on Google+Email this to someone

What is edochiana made from? week 18, 2016

lunch LifeStying by edochiana

❖ Mon. 2nd May 2016

breakfast LifeStying by edochiana
breakfast on Mon. 2nd May 2016
lunch LifeStying by edochiana
lunch on Man. 2nd May 2016
dinner LifeStying by edochiana
dinner on Man. 2nd May 2016

❖ Tue. 3rd May 2016

breakfast LifeStying by edochiana
breakfast on Tue. 3rd May 2016
lunch LifeStying by edochiana
lunch on Tue. 3rd May 2016

coffee time @ Route Books

dinner with friends @ home

❖ Wed. 4 May 2016

breakfast LifeStying by edochiana
breakfast on Wed. 4 May 2016
lunch LifeStying by edochiana
lunch on Wed. 4 May 2016
dinner LifeStying by edochiana
dinner on Wed. 4 May 2016

❖ Thu. 5 May 2016

breakfast LifeStying by edochiana
breakfast on Thu. 5 May 2016
lunch LifeStying by edochiana
lunch with bread by 粉花 on Thu. 5 May 2016
dinner LifeStying by edochiana
dinner on Thu. 5 May 2016
柏餅 LifeStying by edochiana
dessert after dinner on Thu. 5 May 2016

❖ Fri. 6 May 2016

breakfast LifeStying by edochiana
breakfast on Fri. 6 May 2016
lunch LifeStying by edochiana
lunch on Fri. 6 May 2016
La Patisserie de Natsu LifeStying by edochiana
snack by La Patisserie de Natsu on Fri. 6 May 2016
明治屋の赤ワイン LifeStying by edochiana
red organic Spanish wine from 明治屋 for diner on Fri. 6 May 2016
dinner LifeStying by edochiana
dinner on Fri. 6 May 2016

❖ Sat. 7 May 2016

breakfast LifeStying by edochiana
breakfast on Sat. 7 May 2016
lunch LifeStying by edochiana
lunch on Sat. 7 May 2016
dinner LifeStying by edochiana
dinner on Sat. 7 May 2016

Share on FacebookTweet about this on TwitterShare on TumblrPin on PinterestShare on Google+Email this to someone

weight zigzagging 17

LifeStyling by edochiana

Within almost one year I had the second moving of the house.
Naturally it got much harder to make time for swimming.
Muscle got less in this period.

With more food but the weight is stable because of exhaustion by packing, unpacking and setting for the new life in a more comfortable place.
I like the town much better especially the relaxed atmosphere.
Let’s see how the body reacts to the life here.

Share on FacebookTweet about this on TwitterShare on TumblrPin on PinterestShare on Google+Email this to someone

weight zigzagging 16

weight zigzagging LifeStying by edochiana

医者が言った。

運動する時はタンパク質はもちろん大事だけど、糖質も必要です。糖質が足りないと、筋肉を使っちゃうから。

その通りだった。
お酒をピッチャーに移して飲むようになってから、量が減ってるんだから、
その分、ごはん、パン食べよう。

The more sweets, the more body fat.
It’s natural.

A doctor told me that I need more carbohydrate when I swim under the condition I took enough protein.
My body says yes.

Share on FacebookTweet about this on TwitterShare on TumblrPin on PinterestShare on Google+Email this to someone

しおみまんじゅうなら「しほみ饅頭」

かん川のしほみ饅頭 LifeStying by edochiana

総本家かん川のしほみ饅頭 LifeStying by edochiana
総本家かん川のしほみ饅頭

ほろほろっと、落雁に似た食感の皮でさ、こしあんの小さいおまんじゅう。
名前のとおり塩が入ってるからほんのちょっとしょっぱい。あっさりしていておいしいんだよね。

兵庫県赤穂市の名産品、銘菓。

そんな表現になるでしょう。

ある日、「しおみまんじゅう」をもらう。

あの、塩味のある小さいおまんじゅうだな。

食べてみたら、あの、皮のほろほろ感が違う。ほろほろと言うより、カスカス。

製法が変わったのかな…?

しばらく経って、また「しおみまんじゅう」をもらう。パクッ。

あっ、あれだ。

記憶にある、あのほろほろ感のしおみまんじゅうが甦る。

誤解に繋がっていた、その名前の認識。
「しおみまんじゅう」は、草団子、人形焼き、雷おこし、ショートケーキ、シュークリーム…のような一般名詞。

おいしいな、と感じていたのは、固有名詞、総本家かん川のしほみ饅頭

かん川本舗の志ほ万でも、元祖 播磨屋の塩味饅頭でも、潮見堂本店の塩味まんじゅうでもない。

かん川のしほみ饅頭 抹茶 LifeStying by edochiana
総本家かん川のしほみ饅頭 抹茶
Share on FacebookTweet about this on TwitterShare on TumblrPin on PinterestShare on Google+Email this to someone